So-net無料ブログ作成
検索選択
ごちそうさん 第1週 あらすじ ブログトップ

ごちそうさん 第1週 あらすじ [ごちそうさん 第1週 あらすじ]

ごちそうさん 第1週 あらすじ 情報です。

ヒロインは、杏さんです。
杏.jpg
明治44(1911)年。東京洋食屋の娘・卯野め以子(豊嶋花)は小学一年生。腕のいい料理人の父・大五(原田泰造)、しっかりものの母・イク(財前直見)、優しい祖母・トラ(吉行和子)の元で育った食いしん坊で、大五のオムレツとトラのぬか漬けが大好物だ。ある日、め以子は、寺のお供えの赤い食べ物をこっそり口にして叱られるが、その味が忘れられない。後日イチゴという果実だと知り、トラにも食べさせたいと思う。一方、大五の洋食屋は、気取っているだけの店だと新聞に酷評され、源太(屋島昂太)ら同級生にからかわれる。汚名をそそごうと同級生を招くと、本格的な洋食よりも素朴なオムレツやケチャップライスに「うまい!」と笑顔になる。帰り際、源太が口にした「ごちそうさま」に、め以子も「ごちそうさま」と応えて仲直り。そんな折、トラが病に倒れた。イチゴの約束を思い出しため以子は、大冒険の末一粒のイチゴを手に入れ、トラから「ご馳走(ちそう)さま」という言葉に込められた深い意味を教わる。それは、客をもてなすために馬を走らせ、食材を手に入れて心をこめて作った食事への感謝の気持ちだった。やがて十年が経ち、め以子(杏)は花の女学生になっていた。
※番組ホームjページより抜粋

連続テレビ小説は、あまちゃんにつぐ、ヒットとなるか?

ごちそうさん 第1週 あらすじ 情報でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ごちそうさん 第1週 あらすじ ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。