So-net無料ブログ作成
検索選択
海の家の診療所 あらすじ ブログトップ

海の家の診療所 あらすじ [海の家の診療所 あらすじ]


本州、四国九州に挟まれた内海、瀬戸内海。そこには大小あわせて700ほどの島々がありますが、その中の多くは無医島。救急患者が発生しても、そこに頼るべき医師はいません。こうした問題を解決すべく、瀬戸内海では約50年前から離島を巡る病院船『済生丸』が活躍しています。病院並みの機能をもった船が医師や看護師たちを乗せて今日も離島を巡っているのです。
10月スタートの月9『海の上の診療所』はその実在する“海渡る病院船・済生丸”をモチーフに、船上で共同生活をしながら、瀬戸内海の離島を巡る病院船の医師や看護師たちの物語を訪れる島々にまつわるエピソードとともに描いていきます。
海の家の診療所 あらすじ 情報です。

10月4日 月9の新ドラマです。

 瀬戸内海を巡る病院船“海診丸”にひょんなことから乗り込んだ若手医師・瀬崎航太。航太は優秀な医師でありながら、唯一の欠点は女性にホレっぽいところ。島でマドンナに恋をし、マドンナの抱えている医療問題を解決するために彼は奔走します。しかしさまざまな人々を巻き込んだドタバタ劇の果てに彼はマドンナにフラれてしまい、涙を流しながら次の島へ…。あっちの島で恋に落ちてはこっちの島で愛に散る…1話=1島=1マドンナという基本パターンでドラマは展開していきます。

 おだてられるとすぐ調子に乗ってしまいますが、医師としての腕は確かな主人公・瀬崎航太を演じるのは、独特のオーラと存在感を兼ね備え、常に新境地を切り開いてきた若手屈指の実力派俳優の松田翔太さん。月9初主演になる彼が今回演じるのは美人にめっぽう弱く、訪れる島々で出逢うマドンナに恋をし、船を下りて恋した女性と暮らしていくと宣言しては結局のところフラれ、船に戻るという…医師という職業からは想像がつかない何ともトホホな役どころ。その一方で、窮地にある患者に対してはスーパードクターぶりを発揮して手術治療に成功しますが、それが終わるやいなや元のトホホなキャラに戻ってしまい…。
※番組ホームページ抜粋

瀬戸内海の島で繰り広げられる、これまでの医療ドラマとは方向性が異なるようです。

医療系のドラマは好きなので非常に楽しみです。

海の家の診療所 あらすじ 情報でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
海の家の診療所 あらすじ ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。