So-net無料ブログ作成
検索選択
変身インタビュアーの憂鬱 あらすじ ブログトップ

変身インタビュアーの憂鬱 あらすじ [変身インタビュアーの憂鬱 あらすじ]

変身インタビュアーの憂鬱 あらすじ 情報です。

2013年10月21日(月)深夜0時28分スタートとなる新番組です。

白川次郎は、天才トリック作家である。15歳の時に雑誌に応募した小説が最優秀作品となり、以来、トリックの天才として99作の推理小説を書いた。白川は記念すべき100作目の小説に挑んでいた。しかし、何も書けない日々が3ヶ月以上続いている。
青沼霧生は、天才インタビュアーである。実際は冴えない、長髪でむさい感じでやや猫背。ぼそぼそしゃべり、何を話しているのか聞こえない。 だが、人は相手が爽やかな二枚目だと口が軽くなるもの。自分自身がフェイクであることに喜びを見いだす白川は、話を聞き出すため変身インタビュアー[青沼霧生]になるのだ。
「僕は、真実なんかに興味はないんだよ」
かつら、高い靴、そして、ふたえメイク、さらに背筋強制ベルト。 元々の顔の作りが良かったせいか、冴えない男が二枚目スターのような風貌に変身する。
白川は100作目の小説の題材をネットで見つけた実際の事件に求めた。[チューリップ殺人事件]2人の主婦が奇怪な姿の死体で遺棄され、その1年後に[もう1人]も殺された迷宮入りの事件。美人編集者の下日山酈霞と共に、事件のあった消ノ原町に向かう。白川は、青沼霧生となって、事件の関係者に次々とマイクを向ける。そして、恐るべき推理力で隠された事実に近づいてしまう。
奇跡の泉。パワーヒラリスト。集団の意思。不倫、横領、隠蔽。行方不明者。明らかになる過去。一体、消ノ原町で何が起こっているのか? 閉ざされた町を舞台にしたドロドロした人間関係の謎が、インタビューによって明らかにされていく。
※番組ホームページより抜粋

変身インタビュアーの憂鬱 あらすじ 情報でした。でもかなり遅いです・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
変身インタビュアーの憂鬱 あらすじ ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。