So-net無料ブログ作成
検索選択
独身貴族 あらすじ ブログトップ

独身貴族 あらすじ [独身貴族 あらすじ]

独身貴族 あらすじ 情報です。

2013年10月10日 木曜 夜10時スタート


2013年10月スタートの木曜劇場『独身貴族』は、 草彅剛、北川景子、そして伊藤英明さんの 甘く切ないトライアングル・ラブコメディーを お届けします!
主演の草彅剛さんがフジテレビの連続ドラマに出演するのは、『任侠ヘルパー』(2009年7月)以来のこと。また、草彅さんは、北川景子さん、伊藤英明さんとは初共演となります。

現在、日本では30~34歳男性の未婚率は47%を突破、20代後半女性の未婚率はなんとおよそ60%と、"独身貴族"が増殖中です。彼ら、彼女らは、「結婚できない」のではなく、「結婚よりも大切なもの」があるため、あえて「独身生活を謳歌する」、いわば"貴族"のような存在。このドラマでは、そんな時流をとらえる男女の結婚観をめぐる、壮絶なバトルが展開していきます。※未婚率は国勢調査資料参照

今回、草彅さんが演じる主人公も結婚の必要性を感じない"独身貴族"。父の代から続く映画制作会社の社長を務め、クリエイティブな能力に秀でた映画作りのプロフェッショナルです。人にペースを乱されることを好まないため、独身であることに満足しています。いつからか"独身貴族"と呼ばれる主人公を、これまで教師、医師、介護ヘルパーなど、さまざまな役柄を演じてきた草彅さんがどう演じるのでしょうか。

伊藤さんが演じるのは、草彅さん演じる主人公の実の弟役。兄と同じ映画制作会社で働き、高い交渉能力と営業センスを活かして兄を支えます。一方、兄とは違い結婚をしたものの、現在、離婚調停中で家から追い出されている…という苦労も。そんな状況にもめげず、持ち前のルックスのよさで恋愛にも忙しいという彼を、人は"離婚勇者"と呼んでいます。

北川さんが演じるのは、映画の脚本を書くことを夢見ているヒロイン役。恋も仕事も上手くいかず、男の結婚観にも幻滅、"結婚難民"となってしまいます。そこで、結婚を棚上げし、脚本家という夢のためにまい進するも、なかなか芽が出ず最近では夢を諦めかけていて…。ところが、生活費を稼ぐための家事代行のアルバイトを通じ、思わぬチャンスを掴むことになるのです。

そんな男女3人が、偶然か、運命か、出会いお互いの人生を大きく動かすことに! 40歳を目前にした"独身貴族"と、結婚に打ちのめされた"離婚勇者"、そして、ふたりの前に現れた"結婚難民"。
果たして、この3人に"決断の時"は、やってくるのでしょうか?
"独身貴族"が結婚を決断することはあるのでしょうか?
10月スタートの『独身貴族』で、その実態を見届けてください!
※番組ホームページより抜粋

いろいろなドラマがありますね。テーマが結構重いです。

独身貴族 あらすじ 情報でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
独身貴族 あらすじ ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。