So-net無料ブログ作成
あまロス症候群 ブログトップ

あまロス症候群 [あまロス症候群]

あまロス症候群なる症状が全国で多発している模様です。!!

11月28日に全156回の放送が終了した、皆さんご存知のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の視聴率が30日、ビデオリサーチから発表され、28日の最終回の平均視聴率が23・5%(関東地区、以下同)、期間平均が20・6%の高視聴率を達成しています。朝の連ドラとしては、かなりすごいですね。

 NHKによると、午前7時半から放送されたBSプレミアムの視聴率は期間平均で5・5%。また関西地区は最終回が21・1%、期間平均は16・9%だった。

 その前の「梅ちゃん先生」の20・7%にはわずかに及ばなかったものの、世間一般的には、あまちゃんのフレーズは広まっているような気がします。

 だが、劇中歌や本など関連商品が飛ぶように売れ、「あまロス症候群」に悩むファンが続出するなど、「あまちゃん」は視聴率のデータを超え、親しまれています。主演の能年玲奈(20)は「本当に幸せに思っています。大好きなものに飛び込んでいくのって気持ちいい!じぇじぇじぇ!」とコメントしていましたが、とっても可愛いです。そりゃ、あまロス症候群になる気持ちも分かります。

 30日は「あまちゃん」がない月曜日となり、インターネットの掲示板には「泣いたってあまちゃんは帰ってこない」というタイトルで書き込みが多数有り。また「あまちゃんを1回目から再放送しろ」「今日から自主的再放送だ」など、「あまロス症候群」にかかったファンの悲痛な声が相次いで書きもまれた模様。

 NHKは10月14日の体育の日に、早くも「あまちゃん」総集編の放送を決定しています。前編は午前8時20分から、後編は午前10時5分から、合計約3時間の放送となりますが、コレも異例のことですね。

 10月1日放送には日本テレビ系バラエティー「火曜サプライズ」(火曜午後7時)に能年がゲスト出演。司会を務める人気デュオ、WaTのウエンツ瑛士(27)に加え、「あまちゃん」で“ストーブさん”と呼ばれた人気キャラを演じたWaTの小池徹平(27)も参加。他局ではありますが、あまちゃん人気はとどまることを知らないようです。
しばらく、あまロス症候群は続きそうです・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
あまロス症候群 ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。