So-net無料ブログ作成
潔子爛漫 ネタバレ 1話 ブログトップ

潔子爛漫 ネタバレ 1話 [潔子爛漫 ネタバレ 1話]

「潔子爛漫~きよこらんまん~」
東海テレビ・フジテレビ系 (毎週月曜日~金曜日午後1時30分~1時58分)
◇2013年9月2日~10月25日 全39話 放送予定。

福田沙紀 昼ドラ初主演!

◇内容
明治28年、日清戦争の勝利に沸く日本。元士族の娘・九堂潔子(福田沙紀)は、武家としての誇りを教えられながら慎ましく生活していたが、父が偽りの横領事件で逮捕されたことで、周囲から"汚職教師の娘"というレッテルを貼られてしまう。潔子の幼なじみで医師の有馬蒼太(石垣佑磨)は、豪商の渋澤弥彦(合田雅吏)に「金で救い出してくれ」と頼み込むも、渋澤は土下座を要求。膝をついた蒼太を目撃した潔子は、渋澤に「蒼太さんの誇りを奪ってまで、父は助かろうとしておりませぬ」と言い放つ。ところが、この出会いが3人の運命を複雑にしていくことに。

◇キャスト
福田 沙紀 / 石垣 佑磨 / 合田 雅吏 / 高知 東生 / 渡辺 裕之 / 赤座 美代子 / 松原 智恵子 ほか


潔子爛漫 ネタバレ 1話

明治10年の秋。

西郷隆盛が切腹をし武士の時代が終わりを告げようとしていたその年、
元士族の九堂家に待望の第一子が誕生する。

生まれたのが女の子だったため、嫁の文乃(大鳥れい)は肩を落とすが、
当主の忠近(渡辺裕之)は「潔い子に育つように」と願いを込め、娘に"潔子"と名付ける。

 九堂家に出入りする町医者、有馬嘉一(五代高之)の一人息子で6歳になる蒼太(樋口海斗)は潔子を妹のように可愛がる。

「僕がきいちゃんを一生守ります!」蒼太の言葉に九堂家の面々は微笑みを浮かべる。


 
5年後、潔子(舞優)が5歳になったときの事。

潔子を産んだあと、子宝に恵まれずに肩身の狭い思いをする母、文乃を励ましたくて、
神社にお参りに行った潔子は見知らぬ男に連れ去られそうになる。

一緒にいた蒼太(竜跳)が助けようにも相手にならぬ中、一人の男が現れて潔子を救う。
男は東京都の役員、二宮盛道であった。

潔子を守れなかった自分のふがいなさに肩を落とす蒼太は父に、
もっと強い男になると誓う。

一方潔子は、祖母、富久(松原智恵子)から「女の生きる道」を教わると共に、九堂家の女に代々伝わる手鏡を手渡される。

そしてまた13年の月日が流れ、潔子(福田沙紀)は18歳の美しい乙女に成長していた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
潔子爛漫 ネタバレ 1話 ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。