So-net無料ブログ作成
検索選択
潔子爛漫 ネタバレ 23話 ブログトップ

潔子爛漫 ネタバレ 23話 [潔子爛漫 ネタバレ 23話]

潔子爛漫 ネタバレ 23話

心の通わないまま強引に、夫婦の契りを交わした後、
渋澤弥彦(合田雅吏)は「これで満足か?二度と俺のやり方に口を出すな」と言い捨てて、
部屋を出て行く。

惚れていると素直に言えない弥彦の心にも後悔があったが、
自分の前向きな、妻としての想いを踏みにじられた体と心の痛みを抱えて、潔子は深い悲しみの中にあった。
傷心の潔子の脳裏に浮かぶのは恋しい蒼太(石垣佑磨)の面影である。

すれ違い続ける弥彦と潔子。

その後、放心しつつも、潔子は渋澤家の台所に立つ。
女中達が「奥様、お加減が悪いようでしたらお休み下さい」と声を掛けるが、
潔子は「私なら大丈夫よ」と言って家事を続ける。

けれど、潔子の精神状態は最早、限界に達していたようで、
部屋を掃除していた途中で、弥彦の冷たい言葉を思い出し、座り込むと堰を切ったように涙が溢れだして止まらない。
いてもたってもいられなくなった潔子は、渋澤家を飛び出し有馬医院へとやってきてしまった。

しかし蒼太は留守で、潔子は、そこそこに体調の回復した有馬喜一(五代高之)と再会する。
そこで喜一に、蒼太が文乃(大鳥れい)の好意で、九堂家で事務所を構えた事を知らされる。
そこへ蒼太が戻り、薬の買い付けのために富山へ旅立つ前であると告げる。

蒼太は潔子の様子がおかしいので「何かあったのか?」と尋ねるが、
潔子はそれには答えず、話をすり替えるように、蒼太の近況の事を喜ぶだけであった。
足早に立ち去る潔子の事が心配で、蒼太は富山への出立を午後に伸ばした。

文乃は「何があったか知らないが今は渋澤家が、あなたの家なのですから早くお帰りなさい」
と促すが、潔子は「今日だけはここにいさせて欲しい」と母に頼む。


渋澤家では、たつ(赤座美代子)が潔子の帰りが遅いと気を揉んでいた。
そこへ潔子の弟の忠満 (椙杜翔馬)が「母の使いで参りました」とやって来た。
「姉を今晩、一晩、九堂の家で預からせて頂きたいのでご了承を頂いて来るようにと…」
たつが忠満に駄賃を持たせ、忠満が帰ると、弥彦は大きく、溜息をひとつつく。


潔子は、紅葉が盛りの神社へと足を向け、蒼太と駆け落ちをしようとした日に鼻緒が切れなければなどと考えていた。
そこへ蒼太が現れ「きいちゃん、将棋をしよう」と言う。
将棋を指す事で、蒼太はまた潔子が生まれた日の思い出を辿る。
蒼太は潔子に将棋であっけなく詰まされてしまった。
潔子は「今は集中なさいませ」と言うのであるが
蒼太は「しょうがないだろう。今は、気が気じゃないんだから」と言葉を返す。
「何があったかは聞かない。でも、きいちゃんが笑顔でいてくれないと俺は何にも手に付かないんだ」
例え結ばれずとも潔子の事を変わらずに思い続ける蒼太の熱い心に触れ、潔子は励まされ
少し元気を取り戻す。
だが、それは本心とは裏腹に潔子に冷たい態度しか取れない弥彦にとっては波乱含みの皮肉な結果なのだろう。

翌朝、渋澤家に戻った潔子に、
弥彦は早速「どうどうと妻が朝帰りとはいい時代になったものだな」と皮肉をぶつける。
潔子はすぐさま「一晩、家を空けてしまった事は申し訳ありませんでした。
今後はそのような事がないように旦那様のために努めさせて頂きますので改めて宜しくお願い致します」と、
畳の上に手をついて詫びる。


その数か月後、潔子が身篭っている事がわかる。
たつは大喜びするが、清太郎(八神蓮)は、自分の立場が危うくなるのではないかと心配し、
弥彦ときたら本当に自分の子供なのか?と疑う始末である。

潔子は、母となる決意を胸に、
改めて弥彦に「このお方はどなたなのですか?」と木箱にしまわれていた女性の写真を見せて尋ねる。
相変わらず「おまえには関係ないと言ったはずだ」とつっぱねようとする弥彦だったが、
潔子が真剣な目をして
「生まれて来る子のためにも、私は旦那様とお心を通わせた夫婦になりたいのです」と訴えるので、
漸く弥彦は真相を口にしようとする。
潔子爛漫 ネタバレ 23話 ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。