So-net無料ブログ作成
餃子の王将 全裸 損害賠償請求 ブログトップ

餃子の王将 全裸 損害賠償請求 [餃子の王将 全裸 損害賠償請求]

餃子の王将で全裸になって逮捕された人に対する、損害賠償請求は?



“全裸男”たちの刑事告訴に踏み切った「餃子の王将」。
 同社の金沢片町店(石川県金沢市)で、男たち10人が全裸になるなどしたのは昨年12月8日だった。10人のうち3人が従業員用の白衣を着用し、6人が全裸になって写真を撮り、フェイスブックに掲載。運営会社の王将フードサービスは同店の閉店を決定し、今月10日、金沢中警察署に刑事告訴し受理された。

 男たちが店の責任者から撮影の許可を受けたという話もあるが、王将側は真っ向から否定している。

「お客さまから“裸で写真を撮りたい”との電話が入ったのでお断りしたところ、“では食事中の写真ならいいか?”と再度の電話があったので、それならいいですよと了承したのです。ところが従業員の制止を無視して6人が全裸になってしまった。店内には別に3人のお客さまがいました」(同社経営企画部)

 男たちは近所のボーイズバーの関係者で常連客も交じっていたともいわれるが、どこの誰なのかハッキリしていないそうだ。刑事裁判の行方はどうなるのか。弁護士の紀藤正樹氏が言う。

「王将はガラス張りなので外から丸見えです。これは路上で全裸になったも同然だから、公然わいせつ罪に問われます。しかも、別のお客さんが3人もいたのだから、言い訳は利きません。このケースでは公然わいせつの罰金が30万円。これに営業妨害の分を合わせて、1人当たり罰金50万円というところでしょう」

 王将側は店を閉じたため、損害賠償を請求する構えもみせている。ただ、店がなくなるからといって、ン千万円の賠償金を受け取れるわけではないそうだ。

「裁判所が閉店ではなく、1週間程度の営業停止が妥当と認めたら、1週間分の売上額から経費を差し引いた分を払うことになります。ただし、店長が事前に了承していたら、店長にも賠償責任が発生します」(紀藤正樹氏)

 子供がバカをしないように注意していないと、親にも金銭的な累が及ぶことになる。

※日刊ゲンダイ 抜粋

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
餃子の王将 全裸 損害賠償請求 ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。