So-net無料ブログ作成
ビジョンメガネ 民事再生法の適用を申請!! ブログトップ

ビジョンメガネ 民事再生法の適用を申請!! [ビジョンメガネ 民事再生法の適用を申請!!]

「ビジョンメガネ」経営 元ジャスダック上場
株式会社ビジョン・ホールディングスなど2社
民事再生法の適用を申請 負債77億円

(株)ビジョン・ホールディングス(資本金7800万円)及び子会社の(株)ビジョンメガネ(資本金1000万円)の2社は、
11月25日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令を受けた。

申請代理人は永沢徹弁護士ほか10名。監督委員は福田大助弁護士。

(株)ビジョン・ホールディングスは、1976年10月創業、
79年11月に法人改組したメガネ、コンタクトレンズの販売業者。
同業者より店舗を継承するなどして業容を拡大、2000年4月には店頭公開し、
2002年3月期には年売上高約172億1700万円を計上していた。

しかし、2005年頃からのロープライスショップの台頭による販売の落ち込みから、
2008年3月期(単体)の年売上高は約126億6800万円に減少。
5億円を超える経常赤字を余儀なくされ、不採算店舗29店舗の閉鎖に伴う特別損失などもあって
約21億円の当期損失を計上。

翌2009年3月期も、さらに不採算店舗の閉鎖、販管費の圧縮などのリストラを進めたものの、
減収分の影響を補えず2期連続の経常赤字となった。
この間、2009年3月期中間決算における監査意見不表明の影響が重大であるとして、
2009年3月にジャスダック証券取引所より上場廃止となっていた。

その後は、2009年8月には会社分割により(株)ビジョンメガネを設立し店舗運営を移管、
当社は持ち株会社となり、同年10月に現商号へ変更していた。
2010年後半の大株主変更から創業家色を薄め、2012年2月には外資系企業の傘下に入り、再建を進めていた。
金融機関との返済条件見直しなどを進めていたが、2012年3月期連結決算は
年売上高約84億7642万円、当期損失約2億2575万円、
翌2012年12月期連結決算(決算期変更)も年売上高約60億9240万円、
当期損失約2億8050万円と赤字経営の解消には至らず、今回の措置となった。

負債は2社合計で約77億円。

なお今後は、スポンサー候補の(株)経営戦略合同事務所の支援を受けながら営業を継続し、再建を図る。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ビジョンメガネ 民事再生法の適用を申請!! ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。