So-net無料ブログ作成
刑事のまなざし ネタバレ 4話 ブログトップ

刑事のまなざし ネタバレ 4話 [刑事のまなざし ネタバレ 4話]

刑事のまなざし ネタバレ情報 4話となります。

ある日、中古書店で万引き事件が発生。犯人は制止しようとした店員に催涙スプレーを吹き付けて逃げたという通報があり、夏目(椎名桔平)らは現場に駆けつける。被害にあった店員から事情を聞き、防犯カメラをチェックする夏目と福森(松重豊)、安達(小野ゆり子)。強盗傷害との通報で現場へ向かった強行犯チームだが、なんと犯人は7歳くらいの男の子(黒澤宏貴)だった。また、万引きしようとしたのは“星のぞみ(小林恵美)”という、一昔前に人気を博したグラビアアイドルの写真集。小学生に上がるかあがらないかの子供が、なぜそんなものを万引きしようとしたのか疑問を持つ夏目たち…。
その翌日、行方がわからなかった男の子が保護されたと、鎌田中央署から連絡が入った。ほどなく、夏目と安達が引きとり東池袋署へと連れ帰り、カウンセラーの田辺(板谷由夏)が対応するが、名前どころか一言も話さずだんまりを通すばかり。その上、保護者からの問い合わせもまだ確認されていなかった。
いったいこの男の子はどこの誰なのか? 夏目が男の子の足取りを丁寧にたどる中、万引きしようとした写真集の“星のぞみ”は、数年前にひき逃げ事故で亡くなっていることが発覚。それどころか、彼女には裕希という息子がいて、ひき逃げ事故の半年後に行方不明になっていたのだ。詳しい事情を調べるために、夏目と安達は裕希の父親・栗原裕久(吹越満)に会いに行く。

番組ホームページより抜粋。

刑事のまなざし ネタバレ 4話情報でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
刑事のまなざし ネタバレ 4話 ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。