So-net無料ブログ作成
刑事のまなざし ネタバレ 7話 ブログトップ

刑事のまなざし ネタバレ 7話 [刑事のまなざし ネタバレ 7話]

刑事のまなざし ネタバレ 7話のご紹介です。

夏目(椎名桔平)が法務技官時代に担当した野沢琢磨(忍成修吾)が結婚することになった。しっかり仕事をし、家庭を持とうとしている琢磨の姿を喜ぶ夏目。夏目とカウンセラーの久美子(板谷由夏)は、琢磨のたってのお願いに「有給を取って出席する」と結婚式の出席を約束する。
その後日、東池袋署管内で男性が意識不明で発見された。男性の首には紐のようなもので締められた痕が残っており、その現場の状況から、何者かに襲われて階段から落ちたらしい。身元が確認できるものは何も持っていなかったが、ポケットから“藤川佐知代”という名刺が発見された。
ほどなく、安達(小野ゆり子)と福森(松重豊)はその女性を訪ねるが、職場にも自宅にもおらず所在不明。近所の人の話から娘がいることがわかり、彼女に事情を聞こうとある場所を訪れる。すると、そこには夏目と久美子の姿が!? そこは琢磨の結婚式が行われる教会。そう、新婦の雛子(徳永えり)は藤川佐知代の娘だったのだ。式を中断して雛子に事情を聞くと、結婚に反対の佐知代とは絶縁状態で、行方も知らないという…。

番組ホームページより抜粋。

刑事のまなざし ネタバレ 7話情報でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
刑事のまなざし ネタバレ 7話 ブログトップ
光ファイバー比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。